読売新聞オンライン

メニュー

本名も知らないけれど…オンライン里親、養護施設出身者の進学後押し「夢あきらめないで」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 虐待や貧困などの理由で児童養護施設で育った学生と、支援する大人たちをインターネットでつなぐ取り組みを大阪市の財団が今春始めた。全国的にも珍しい取り組みで、互いに本名や連絡先は知らされないが、財団が仲介して「仕送り」を届け、オンラインで交流する。児童養護施設は原則18歳で自立を求められ、経済的な理由で進学を断念するケースが多い。4月から2人の支援が始まり、学生らは感謝の思いを胸に勉強に励んでいる。(浅野友美)

大阪の財団仲介

大学の教科書を手に「元気な姿を見せて厚意に応えたい」と話す津田七海さん(5月、入所していた児童養護施設で)
大学の教科書を手に「元気な姿を見せて厚意に応えたい」と話す津田七海さん(5月、入所していた児童養護施設で)

 「入学式も終わり、授業も始まりました。結構忙しいです」。近畿地方の児童養護施設を今春退所した大学1年津田七海さん(19)(仮名)は今年4月、パソコンの画面越しに初対面した「里親」たちに、少し緊張気味に近況を報告した。

 津田さんは、小学校低学年の頃に母親が病死し、父親とも疎遠に。預けられた祖父母も高齢になり、5年生の時に施設に入所した。

 高校時代はバレーボール部のマネジャーを務め、部員のけがの手当てなどをする中で理学療法士を志すようになった。大学などへの進学が必要だが、祖父母に援助を求めることは難しかった。アルバイトをして貯金し、奨学金も申し込んだが、高校卒業後は施設を退所する必要があり、一人暮らしするには足りなかったという。

 悩んでいた時、施設の職員に紹介されたのが、一般財団法人「みらいこども財団」(大阪市北区)が今春に始めた「オンライン里親」という取り組みだった。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
2103260 0 社会 2021/06/05 14:21:00 2021/06/05 15:13:09 2021/06/05 15:13:09 大学のテキストに目を通す津田七海さん。「支援者に直接会うことはできないが、元気な姿を見せて厚意に応えたい」と話す。=浅野友美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210605-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)