読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

パトカーに消火器噴射、束ねたクギまいてパンクさせる…高速道で逃走の男逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県警は5日、公務執行妨害と器物損壊の容疑で住居不定、自称造園業の男(43)を逮捕し、逮捕時に覚醒剤を所持していたとして覚醒剤取締法違反(所持)の容疑でも現行犯逮捕したと発表した。県警は男の認否を明らかにしていない。

山梨県警
山梨県警

 発表によると、男は5月23日午前、中央道甲府南インターチェンジ(IC)―一宮御坂IC間で軽乗用車を運転しながらパトカーに向かって消火器を噴射したほか、くぎを針金で束ねたものを十数個まくなどしてパトカーの右前部のタイヤをパンクさせた疑い。甲府南IC出口付近で南甲府署のパトカーを発見した男はUターンして高速に戻り、追跡を振り切って逃走していた。

 県警は男が執拗しつようにパトカーから逃げていたことから、覚醒剤を常習していたとみて調べている。

無断転載・複製を禁じます
2104662 0 社会 2021/06/06 08:11:00 2021/06/07 00:28:18 2021/06/07 00:28:18 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210605-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)