読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

15歳少年、銃砲店で店員の頭・背中刺す…「銃を買いに行きたい」と電話

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県郡山市の銃砲店で店員を刃物で殺害しようとしたとして、郡山署は6日、県内の少年(15)を殺人未遂の疑いで緊急逮捕したと発表した。逮捕は5日。

規制線が張られた大竹銃砲店(6日、福島県郡山市本町で)
規制線が張られた大竹銃砲店(6日、福島県郡山市本町で)

 発表などによると、少年は5日午後6時半頃、同市本町の「大竹銃砲店」で、店内に1人でいた男性店員(79)の頭や背中などを、持っていた刃物で刺すなどして殺害しようとした疑い。容疑を認めているという。店員は命に別条はなく、銃や金品は持ち去られていない。

 少年は徒歩で店を出たが、刃物を持って店の近くにいたところ、店員から通報を受けた同署員に発見された。店員と少年は面識がなく、同署は動機などを調べている。

 同店の関係者によると、5日午後6時頃、店に「銃を買いに行きたいから向かっていいか」と電話があった。約30分後にマスクをした少年が自転車で来店、店員が背中を向けたところ、襲われた。店の前にあった自転車はパンクしていたという。

 現場はJR郡山駅から南西に約1キロの住宅街。

無断転載・複製を禁じます
2104686 0 社会 2021/06/06 09:12:00 2021/06/06 23:15:08 2021/06/06 23:15:08 規制線が張られた大竹鉄砲店(6日午前10時16分、郡山市本町の大竹鉄砲店で)=綿井稜太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210606-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)