読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

歯科医によるワクチン接種、愛知の大規模会場で開始…打ち手が増え1日の接種人数も倍増

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県内では6日、歯科医師による新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。

 県営名古屋空港(豊山町)の大規模接種会場で、6人の歯科医師が2人ずつ、3交代で担当。経験がない筋肉注射について、県と県歯科医師会が行った実技研修を受けた歯科医師が行うこととなっており、約500人が受講を済ませている。

歯科医によるワクチン接種(愛知県豊山町で)
歯科医によるワクチン接種(愛知県豊山町で)

 担当した名古屋市東区の歯科医師(54)は「医療従事者の一員としてワクチンを広く行き渡らせるのに貢献したい」と話した。歯科医師による接種を受けた春日井市の無職男性(84)は「スムーズに終わりました」と話していた。

 同会場では6日、約1000人に接種したが、7日以降は、歯科医師や看護師ら打ち手が増えたことにより、接種人数を1日あたり2000人に倍増させる。

無断転載・複製を禁じます
2107058 0 社会 2021/06/07 12:42:00 2021/06/07 12:55:11 2021/06/07 12:55:11 歯科医によるワクチン接種を受ける男性(6月6日午後2時3分、県営名古屋空港で)=杉本要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210607-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)