読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

酒気帯びで衝突事故、自宅に逃走した市職員「帰宅後に飲んだから飲酒運転ではない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県警和歌山北署は6日、和歌山市の同市役所職員の男(61)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

和歌山県警察本部
和歌山県警察本部

 発表によると、男は6日午後0時35分頃、同市中の市道で、酒気を帯びて乗用車を運転した疑い。男は衝突事故を起こし、そのまま数百メートル先の自宅まで逃走。同署員が自宅で呼気を検査したところ、基準値以上のアルコール分が検出された。

 男は「帰宅してから飲酒したため、飲酒運転にはあたらない」と否認しているという。

無断転載・複製を禁じます
2106889 0 社会 2021/06/07 12:12:00 2021/06/07 12:12:00 2021/06/07 12:12:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210607-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)