「生きたい」刺された少女が歩いた59m…池田小殺傷20年、語り続ける両親

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2016年に文部科学省が「学校事故対応に関する指針」を策定した際、遺族の立場で智恵さんが有識者会議に参加。事件が起こった学校に検証や報告書の公表を求めることなどが盛り込まれた。

 しかし、各学校が危機管理マニュアルを整備していても「形だけのものになっていないか」「本当に子どもを守れるか」と肇さんは懸念する。そして「全ての大人が自分の事と思ってほしい」と願う。

 智恵さんも「麻希の存在を感じながら、ともに経験しながら生きていく。20年たっても変わることはない」と語った。

(上村真也)

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2111271 0 社会 2021/06/09 11:06:00 2021/06/09 12:16:54 2021/06/09 12:16:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210609-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)