読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

接種2回打たれた男性、不審に思った妻…使用済み注射器使うミスを医師は報告せず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 堺市は8日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で7日夕に、使用済み注射器を同市中区の60歳代男性に使うミスがあったと発表した。健康被害は今のところ確認されていない。担当した30歳代の男性医師は市に報告しておらず、男性側の指摘で発覚した。

ファイザー社製のワクチン
ファイザー社製のワクチン

 発表では、医師が注射器を男性の腕に刺した後、ワクチンが入っていないのに気づき別の注射器で接種した。2回打たれたことを不審に思った男性の妻が市の相談窓口に問い合わせた。

 医師は市に「ワクチンが入っていない新品の注射器だと思った」と説明。調査の結果、実際には別の人の接種に使ったものだった。市はこれを受け、この医師を集団接種から外した。

 同市では集団接種に関するミスが相次いでおり、市健康福祉局の河野淳一理事は記者会見で「市民に少なからず不安を抱かせている。手順の再確認を徹底し、安心して接種してもらえるよう努力する」と謝罪した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2113989 0 社会 2021/06/11 07:21:00 2021/06/11 07:22:26 2021/06/11 07:22:26 北海道中央労災病院に到着した米ファイザー社製のワクチン(19日午前11時54分、北海道岩見沢市で)=佐々木紀明撮影ファイザー製のコロナウイルスワクチン https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)