読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高所作業車が高圧電線に接触、作業員2人死亡…JR横浜線が停電で2時間見合わせ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 9日午前8時10分頃、横浜市のゴルフ場「戸塚カントリー倶楽部」で、高所作業車が高圧送電線に接触し、ゴンドラに乗って樹木の伐採をしていた男性作業員2人が死亡した。神奈川県警戸塚署は、ゴンドラを旋回させようとした際に高圧線に触れ、感電した可能性が高いとみて調べている。

作業中だった高所作業車が高圧線に接触した現場(9日午後、横浜市で、読売ヘリから)=池谷美帆撮影
作業中だった高所作業車が高圧線に接触した現場(9日午後、横浜市で、読売ヘリから)=池谷美帆撮影

 発表では、2人は東京都渋谷区の造園会社に勤務する40歳代と50歳代の作業員とみられる。現場には切断された高圧線1本のほか、複数の高圧線が通っていたため、送電を止めてから救出活動が行われたが、約5時間後、2人はすでに死亡した状態で見つかった。

 JR東日本横浜支社によると、送電の停止で横浜線が約2時間、全線で運転を見合わせるなどし、約1万1000人に影響した。

無断転載・複製を禁じます
2112022 0 社会 2021/06/09 14:54:00 2021/06/09 19:50:35 2021/06/09 19:50:35 戸塚カントリー倶楽部で作業中だった高所作業車が高圧線に接触した現場(9日、横浜市戸塚区で、本社ヘリから)=池谷美帆撮影★★動画素材あり★★ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210609-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)