読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「詐欺だからやめて」娘に耳貸さずATM操作…「とにかく電話切って」声かけ思いとどまる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高齢者を特殊詐欺の被害から救ったとして、兵庫県警甲子園署は兵庫県西宮市の会社員女性(45)に感謝状を贈った。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 発表では、お手柄は5月8日の昼。市内にある金融機関の現金自動預け払い機(ATM)コーナーで、会社員女性は異変に気付いた。

 隣のATMにいた高齢女性が、携帯電話で通話しながら機器を操作していた。付き添いの娘が「還付金詐欺だから、やめて」と制止しても、耳を貸さない。

 金融機関の職員も説得に加わる中、高齢女性はついに通話相手に預金残高を伝えようとしたため、会社員女性は「とにかく電話を切って」と声をかけた。そこに至って、高齢女性はやっと思いとどまり、被害を免れた。

 会社員女性は甲子園署まで高齢女性に付き添った。説明を聞くと、高齢女性は市職員を名乗ってかかってきた電話に応じるうち、「還付金があるので、振り込みをして」と言葉巧みに誘導されていたらしい。最後まで、詐欺だとは信じられない様子だったという。

 横田誠治署長から感謝状を手渡され、「身近でこんなことが起こり、驚いた」と会社員女性。「最初はためらったが、声を掛けてよかった。自分の両親にも還付金詐欺に遭わないようにと電話しました」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2114982 0 社会 2021/06/10 13:27:00 2021/06/11 07:49:36 2021/06/11 07:49:36 兵庫県警察本部。神戸市中央区で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)