読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

色とりどりのハナショウブ、アジサイと競演

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奈良県宇陀市室生滝谷の「花のさと 滝谷花しょうぶ園」で、ハナショウブが見頃を迎えている。高気圧に覆われて県内各地で真夏日になるなか、訪れた人たちはハナショウブの涼しげな花に見入っていた。6月下旬まで楽しめる。

色とりどりに咲き誇るハナショウブ(宇陀市で)
色とりどりに咲き誇るハナショウブ(宇陀市で)

 約3ヘクタールの園内に、ピンクや紫、黄色、白など色とりどりの約600種100万本が植えられている。暖冬だったため、例年より開花が10日ほど早かったという。

 奈良地方気象台によると、9日は奈良市で最高気温が31.7度(平年26.8度)を記録し、3日連続の真夏日になるなど7月中旬の暑さとなった。来園者たちは、強い日差しのなか、園内を散策したり、写真を撮ったりしていた。

 アジサイ約3000株も咲き始めており、7月上旬までが見頃。同園は「新型コロナウイルスの影響で営業時間を短縮しているが、きれいな花を見て癒やされてほしい」としている。

 午前10時~午後4時。入園料は中学生以上900円、小学生450円。問い合わせは同園(0745・92・3187)。

無断転載・複製を禁じます
2117869 0 社会 2021/06/11 15:49:00 2021/06/11 15:49:00 2021/06/11 15:49:00 色とりどりに咲き乱れるハナショウブ(宇陀市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)