読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

車離れトイレに行った公用車運転手に村長「膀胱おかしいのか」と罵声…うつ病発症したとして提訴

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 熊本県水上村の中嶽弘継村長からパワーハラスメントを受けてうつ病を発症するなどしたとして、休職中の男性職員(53)は10日、村長と村を相手取り、慰謝料など計約525万円の損害賠償を求めて熊本地裁人吉支部に提訴したことを明らかにした。

 訴状などによると、職員は2007年に総務課に配属され、公用車の運転手をしていた。パワハラは16年6月頃に始まり、車を離れてトイレに行った際に「膀胱ぼうこうがおかしいのか」などと罵声を浴びせられ、別の日には、車内でマスクをしていると「マスクをしていることがわからん」、「懲戒にする」などと言われたと主張。職員はうつ病と診断され、昨年6月から休職を余儀なくされたとしている。

 記者会見で職員は「安心して働ける職場にしたい」と語った。中嶽村長の代理人弁護士は「パワハラを行った認識はない。訴訟が提起されたのであれば真摯しんしに対応したい」としている。

無断転載・複製を禁じます
2116980 0 社会 2021/06/11 10:15:00 2021/06/11 13:38:54 2021/06/11 13:38:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)