読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

畑の「佐藤錦」3キロ食い荒らされる…付近にふん、クマの仕業か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10日午前4時半頃、山形県東根市関山のサクランボ畑で、8本の木になっていた「佐藤錦」約3キロ(約1万5000円相当)が食い荒らされているのを畑を所有する50歳代男性が発見した。高さ1・2メートルの枝が折られ、付近にふんがあることなどから、村山署はクマによる食害とみて調べている。

山形県警察本部
山形県警察本部

 同署の発表によると、現場付近の畑では、4日以降にクマとみられる食害が今回を含め4件発生し、計25キロが食い荒らされているという。

 現場の約1・2キロ西には市立高崎小学校があり、同署はパトカーを巡回させ、注意を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
2117929 0 社会 2021/06/11 16:13:00 2021/06/11 16:13:00 2021/06/11 16:13:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYT1I50135-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)