読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

受領印なくて判明、JA職員が239万円着服…「返済やパチンコに」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JA庄内みどり(山形県酒田市)は10日、会計事務を受託している生産者組織の口座から現金計239万1796円を着服したとして、酒田みなみ支店営農課の男性職員(24)を9日付で懲戒解雇にしたと発表した。

 発表によると、男性職員は昨年3月~今年5月、会計を担当する5組織の6口座から計20回にわたり、勝手に現金を引き出し、着服した。

謝罪する田村組合長(中央)ら(10日、酒田市曙町のJA庄内みどりで)
謝罪する田村組合長(中央)ら(10日、酒田市曙町のJA庄内みどりで)

 今月1日、男性職員の上司が、会計書類を点検中、現金の受領書に受領印が押されていないことに気づき、本人や組織関係者に確認したところ、発覚した。

 男性職員は「消費者金融への返済やパチンコなどの遊興費に充てた」などと話した。発覚するまでは、自身が購入した印鑑を使い、受領書を偽造していたという。

 着服した現金は本人と家族が9日に全額弁済し、同JAは被害届の提出はしない方針。この日、記者会見した同JAの田村久義組合長は陳謝し、「役職員一丸となって法令遵守じゅんしゅの徹底に努め、再発防止に取り組む」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2118045 0 社会 2021/06/11 18:11:00 2021/06/11 18:11:00 2021/06/11 18:11:00 職員の不祥事を受け、謝罪する田村久義組合長(中央)ら(6月10日午後4時2分、酒田市曙町のJA庄内みどりで)=鈴木恵介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)