読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

前副市長が「パワハラ行為で辞職」主張、市長は「イメージダウン狙いだ」と提訴で応酬

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県大和市の金子勝前副市長(64)が辞職理由を「大木哲市長(72)による市職員へのパワハラ行為」と主張している問題で、大木市長は10日の記者会見で、金子氏を相手取り、名誉毀損きそんのため慰謝料など1100万円の損害賠償と、一般紙などでの謝罪広告掲載を求める訴えを横浜地裁に起こしたと明らかにした。

 訴状によると、金子氏は、市長のパワハラ行為など虚偽の事実を報道機関の取材に答え、その社会的評価を著しく落としたとしている。大木市長は会見で「政治的攻撃が目的で、社会的イメージダウンを狙ったと推察する。真実を明らかにし、市長としての名誉を回復したい」と話した。金子氏は提訴について「訴状の内容を確認してから対応したい」とコメントを発表した。

 金子氏は4月に任期を1年残して退職。その後の取材に「市長は職員に対し、『指示に従えないなら異動させる』などの発言を繰り返し、やめるよう注意をしても聞き入れなかった」などと訴えていた。

 市議会もこの問題を巡って調査特別委員会を設置。9日の会合で、両者に事実関係を確認する質問書を送り、職員にアンケート調査を行うことなどを決めた。

無断転載・複製を禁じます
2116720 0 社会 2021/06/11 07:07:00 2021/06/11 07:07:00 2021/06/11 07:07:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)