読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

不審な電話の若い男3人に「どんな目的で来たのか」…警官到着まで時間稼ぎ、逮捕に貢献

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 住居侵入の容疑者逮捕に貢献したとして、茨城県警水戸署は、水戸市の民生委員の男性(74)に感謝状を贈った。

 男性は、4月11日午後3時半頃、近所の高齢女性から「宅配便を届けるので家にいてほしいという不審な電話があった」と相談を受け、周辺をパトロールした。約1時間後、乗用車から現れた不審な若い男3人を見て110番し、「決して玄関を開けてはいけない」と女性に伝えた。男たちには「どんな目的で来たのか」などと話しかけて警察官が到着するまで時間稼ぎをした。男1人は女性宅の敷地内に入ったとして住居侵入容疑で現行犯逮捕。逃走した男2人も順次逮捕された。

茨城県警察本部
茨城県警察本部

 首都圏では、電話で資産状況などを聞き出す「アポ電」(アポイントメント電話)が相次いでおり、強盗事件に発展するケースもある。5月26日の贈呈式で谷津成久署長は「命に関わる事件になる可能性もあった。おかげで事件を防ぐことができた」と感謝。男性は「地元のために、これからも頑張ります」と話した。

 谷津署長は「不審な電話があったらすぐに警察に通報してほしい」と呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
2116745 0 社会 2021/06/11 07:57:00 2021/06/11 22:05:02 2021/06/11 22:05:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYT1I50177-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)