読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

職場接種は「券」なしでも可能、自治体と重複なら本人が選択…厚労省が「Q&A」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスワクチンの職場などでの接種開始を前に、厚生労働省は10日、接種をめぐる疑問に答える「Q&A」を公表した。接種券がなくても接種を受けられ、従業員以外も対象にできるとした。

 「Q&A」によると、国は職場での接種対象を、従業員と家族、関連会社の社員などと想定する。ただ、厳密な限定ではなく、地域住民への接種を検討している企業もある。居住地の自治体から接種券が届いていない年齢層の場合は、接種券なしで受けられる。

厚労省
厚労省

 これまでの接種では、ワクチンのメーカーやロット番号が書かれたシールを接種券に貼り、接種の証明としてきた。今回、接種券が手元にない人には、代わりに企業が準備する「接種記録書」にシールを貼り、2回目接種時に持参してもらう。1回目の後に接種券が届いた人は、2回目の時に1回目の記録を接種券に転記するなどし、接種記録を確認できるようにする。

 接種の順番は基本的に企業の判断によるが、厚労省は高齢者と基礎疾患のある人を優先すること、また、雇用形態によって差をつけないことを要請している。自治体と職場の両方で接種対象となった場合、本人が選べるとしている。

無断転載・複製を禁じます
2118189 0 社会 2021/06/11 20:06:00 2021/06/11 23:09:04 2021/06/11 23:09:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)