高須克弥氏にリコール運動寄付の10万円返還求め提訴…高須氏「徹底的に争う」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

高須克弥氏
高須克弥氏

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で、署名活動団体に10万円を寄付した名古屋市の男性(62)が、団体会長の高須克弥氏(76)に寄付金の返還を求める訴訟を名古屋簡裁に起こした。提訴は10日付。

 訴状などによると、男性は昨年10月、団体に10万円を寄付し、署名集めに協力した。その後、署名偽造事件が発覚したことから、男性は「寄付金を違法行為に使うことは許されない」として、返還するよう主張している。高須氏は代理人を通じ、「不当な要求には屈しません。徹底的に争います」とコメントした。

 事件を巡っては、別の運動協力者の男性が団体と高須氏らを相手取り、500万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2119650 0 社会 2021/06/12 18:48:00 2021/06/12 22:35:22 2021/06/12 22:35:22 記者会見する高須克弥氏(顔P用)(12月10日午前11時51分、県庁で)=隅谷真撮影高須克弥氏 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYT1I50120-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)