読売新聞オンライン

メニュー

住民の接種率など伝える「ワクチンメーター」導入広がる…「一目で分かって安心」の声

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

市役所の大型モニターに表示されている「ワクチンメーター」(11日、埼玉県戸田市で)=橘薫撮影
市役所の大型モニターに表示されている「ワクチンメーター」(11日、埼玉県戸田市で)=橘薫撮影

 新型コロナウイルスのワクチンを巡り、各地の自治体で、住民の接種の進捗しんちょく状況を伝える「ワクチンメーター」を導入する動きが広がっている。

 埼玉県戸田市は市役所ロビーの大型モニターにワクチンメーターを表示。国の「ワクチン接種記録システム(VRS)」と連動させ、前日分を毎朝更新する仕組みで、11日には65歳以上の市民2万4620人のうち約42%が1回目、約8%が2回目の接種を終えたと円グラフなどで伝えていた。

 市は「市民にいち早く正確な情報を示し、接種の機運を高めたい」と説明。この日、市役所を訪れた同市の男性(85)は「感染が不安で外出を控えてきたが、接種が進んでいることが一目で分かって安心した」と笑顔をみせた。

 東京都品川区も区立施設の電子掲示板やホームページを活用し、接種率や予約率のほか、必要なワクチンの確保状況を伝えている。目黒区も、区のホームページで週ごとに高齢者の接種数などを更新している。

 自治体の中には「正確な数値の把握が難しい」などとして接種率を公表していないケースもあるが、東京医療保健大の菅原えりさ教授(感染制御学)は「接種を受けようという住民の前向きな行動につなげるため、情報開示を進めていく必要がある」と話している。

無断転載・複製を禁じます
2119396 0 社会 2021/06/12 15:00:00 2021/06/12 19:27:34 2021/06/12 19:27:34 戸田市役所のロビーに設置された「ワクチンメーター」(午後1時14分、埼玉県戸田市で)=橘薫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)