読売新聞オンライン

メニュー

ホタル100匹が光放つ観賞会「優しい光に癒されて」…よみうりランドの植物園

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 よみうりランド(東京都稲城市、川崎市)が運営する植物園「HANA・BIYORI(はなびより)」で、ホタルの観賞会「ほたるびより」が開かれ、来場者が幻想的な光の舞を楽しんでいる。

淡い光を放ち飛び交うホタル(東京都稲城市のよみうりランドで、30秒間露光)=沼田光太郎撮影
淡い光を放ち飛び交うホタル(東京都稲城市のよみうりランドで、30秒間露光)=沼田光太郎撮影

 昨年3月に開業した同園内の小川では、約100匹のゲンジボタルやヘイケボタルが淡い光を放ちながら飛び交う姿を楽しむことができ、来場した親子連れらは歓声を上げたり、見入ったりしている。

 山田孝治園長(48)は「ホタルの優しい光に癒やされながら、初夏の爽やかなひとときを楽しんでほしい」と話している。

 観賞会は7月4日までの金、土、日曜日の午後7時半~9時。

無断転載・複製を禁じます
2120460 0 社会 2021/06/12 23:28:00 2021/06/12 23:28:00 2021/06/12 23:28:00 淡い光を放ち飛び回るホタル(11日午後8時29分、よみうりランドで)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYT1I50112-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)