読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

冷凍庫の温度上昇、ワクチン6396回分廃棄…メーカーが全国294台を回収・交換へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 川崎市は13日、新型コロナワクチンを保管していた超低温冷凍庫の庫内温度が上昇して規定を超えたため、計6396回分を廃棄すると発表した。冷凍庫を製造した「EBAC」(東京都目黒区)は、配管の溶接不良で庫内の温度が上昇する恐れがあるとして、川崎市の製品を含む全国294台の回収・交換を進めている。

川崎市役所
川崎市役所

 市によると、ワクチンはファイザー社製。高齢者施設などでの巡回接種用に管理拠点でマイナス75度ほどで保管されていた。13日朝、出勤した職員が冷凍庫の警報音に気づいて記録を確認すると、庫内温度が一時約9度まで上がっていたことがわかった。

 解凍されたワクチンは再冷凍しても利用できないため、市は庫内のワクチンの廃棄を決めた。巡回接種への影響はないという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2121534 0 社会 2021/06/13 19:36:00 2021/06/14 15:28:42 2021/06/14 15:28:42 川崎市役所。神奈川県川崎市で。2020年11月12日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210613-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)