読売新聞オンライン

メニュー

案里元被告の歳費返還求め、原告が控訴

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京高等裁判所
東京高等裁判所

 2019年7月参院選での大規模買収事件を巡り、広島県の住民らが、河井案里元被告(47)(有罪確定で当選無効)が受け取った歳費など約4900万円を返還請求するよう国に求めた訴訟で、原告側は14日、訴えを却下した1審・東京地裁判決を不服として東京高裁に控訴したと発表した。

 原告側は、案里元被告が受領した歳費などは不当利得だと主張したが、今月3日の東京地裁判決は「国民が国に違法な公金支出の是正を求められる法律上の規定はない」などと判断した。

無断転載・複製を禁じます
2123518 0 社会 2021/06/14 20:18:00 2021/06/14 20:18:00 2021/06/14 20:18:00 東京地方裁判所、東京高等裁判所(同一建物)。東京・千代田区霞が関で。2021年5月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210614-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)