読売新聞オンライン

メニュー

「だましても売る」、ウソの体験談「アフィリエイト」で続々[虚実のはざま]第3部 粉飾のカラクリ<2>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

匿名で量産…報酬目当て 責任問われず

「証拠写真」

 〈専門家も驚く効果〉

 そんなネット上の宣伝文句を見てクリックすると、匿名の女性の体験談がページ上に現れた。

ネットに掲載された商品体験談と、ツイッターやテレビ番組に似せた画面など。いずれも虚偽と確認された=画像は顔の一部を修整しています
ネットに掲載された商品体験談と、ツイッターやテレビ番組に似せた画面など。いずれも虚偽と確認された=画像は顔の一部を修整しています

 顔のシミの悩みが、ある美容クリームとの出会いで解消する――といった話が漫画を交えて語られ、実際にシミが薄くなっていく動画が再生される。

 その後、次々に紹介されるのがSNSでの反響だ。

 〈塗っただけで本当に激変しました〉。ツイッターのような投稿画面が貼り付けられ、使用する前後を比べた顔写真が並ぶ。表示されたリツイート(転載)数は2260回、「いいね」も1780件に上る。

 しかし、読売新聞が調べた結果、内容は虚偽で、投稿も存在しなかった。画面はでっち上げで、顔の「証拠写真」は、4年前から東南アジアのサイトに載っている無関係のものだった。

 いったい誰が作っているのか。どこにも記されていないが、購入ボタンがあり、東京都内の商品の製造会社のサイトに接続されるようになっていた。会社は取材に対し、こう説明した。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
2124262 0 社会 2021/06/15 05:00:00 2021/06/16 11:24:43 2021/06/16 11:24:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210615-OYT1I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)