大和堆で中国漁船の違法操業急増、退去警告は6倍に…地元漁協「不漁の一番の原因」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大和堆での合同取り締まりを想定した海上保安庁と水産庁の放水訓練(5月26日、海上保安庁提供)
大和堆での合同取り締まりを想定した海上保安庁と水産庁の放水訓練(5月26日、海上保安庁提供)

 能登半島沖の好漁場「 大和やまとたい 」で今春以降、中国漁船による違法操業が急増していることが、海上保安庁と水産庁の調べでわかった。水産庁が行った退去警告の隻数は昨年同時期の6倍、海保によるものも昨年を上回っている。漁業者からは乱獲による不漁を懸念する声が出ている。

 日本の排他的経済水域(EEZ)にある大和堆では、水産庁が年間を通じて違法操業の取り締まりを行い、イカ漁シーズン(6月頃~12月頃)は海保も合同取り締まりにあたっている。

 水産庁によると、今年は昨年より1か月早い4月下旬から違法操業が確認され、5月27日までに320隻の中国漁船に音声などで退去するよう警告した。このうち91隻は放水して退去させた。昨年は5月下旬から6月1日までの警告隻数が54隻で、約6倍に急増している。同庁の担当者は「意図はわからないが、今年は多くの中国漁船が早い時期からいる」と警戒する。

 海保は5月26日頃から取り締まりに加わり、今月14日までに中国漁船148隻に退去警告を行った。昨年の実績107隻を上回っており、管轄の第9管区海上保安本部以外からも応援を受けている。

 大和堆では北朝鮮漁船の違法操業が目立っていたが、昨年は激減した。新型コロナウイルスの影響とみられている。一方で、中国漁船が増えており、当局は今年もこの傾向が続くとみる。

 イカ漁の拠点・石川県能登町では、今月6日にイカ漁が始まったばかり。石川県漁協小木支所の坂東博一参事代理(51)は「近年の大和堆の不漁は乱獲が一番の原因だと思う。今年も心配だ」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2126602 0 社会 2021/06/15 21:04:00 2021/06/16 07:38:32 2021/06/16 07:38:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210615-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)