読売新聞オンライン

メニュー

最高時速30キロの電動スケーター無免許運転「家族がネットで購入」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 電動キックスケーターを無免許で運転したとして、大阪府警曽根崎署は15日、大阪市北区の自営業の男(27)を道路交通法違反(無免許運転など)容疑で大阪区検に書類送検したと発表した。送検は14日。府内では今年に入り、電動キックスケーターが関係する事故が増えており、同署が取り締まりを強化していた。

大阪府警察本部
大阪府警察本部

 発表では、男は5月28日午後1時5分頃、大阪市北区中之島で、運転免許を持たずに電動キックスケーターを運転し、走行が禁止されている歩道を走った疑い。男は3日前にも同区内の公道を走行し、署員から警告を受けていた。

 男の電動キックスケーターは、道交法では原動機付き自転車(原付きバイク)に分類されるが、ナンバープレートを取り付けるなどの必要な整備もしていなかった。最高時速30キロで、家族がインターネット通販で購入したという。

 男は容疑を認め、「仕事の打ち合わせに行くために使った。見つかっても時速27~28キロは出るので逃げ切れると思った」と供述しているという。

無断転載・複製を禁じます
2127321 0 社会 2021/06/16 07:12:00 2021/06/16 09:59:31 2021/06/16 09:59:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210615-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)