読売新聞オンライン

メニュー

男がカメラ入れたバッグをスカートの下に…JR社員、腕つかみ「何をしている」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 女子高校生のスカートの中を盗撮した容疑者の逮捕に貢献したとして、茨城県警水戸署は8日、JR東日本水戸支社の男性社員(46)に感謝状を贈った。

茨城県警察本部
茨城県警察本部

 男性社員は通勤途中だった4月23日午前7時半頃、JR常磐線友部駅で不審な男が乗車したことに気づいた。男は女子生徒2人の後ろに立ち、周りを気にする様子を見せた後、カメラを入れたバッグをスカートの下へ忍ばせたという。その瞬間を目撃した男性社員は、列車が水戸駅に停車すると男の腕をつかみ、「何をしている」などと問い詰め、警察官に引き渡した。

 贈呈式で、谷津成久署長は「冷静かつ勇気ある行動だった」と感謝。JR社員として20年以上のキャリアがある男性社員は「日頃から乗客に接しているので、男の不審さにはすぐ気づいた。今後も継続して業務に取り組みたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2127340 0 社会 2021/06/16 08:00:00 2021/06/16 08:00:00 2021/06/16 08:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210615-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)