読売新聞オンライン

メニュー

陸曹、缶酎ハイなど11缶飲み車運転「家庭内トラブルの鬱憤晴らすため」…懲戒免職に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 飲酒運転をしたとして、陸上自衛隊神町駐屯地(山形県東根市)は14日、第6通信大隊に所属する男性3等陸曹(36)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。

陸上自衛隊神町駐屯地(4月11日、読売機から)
陸上自衛隊神町駐屯地(4月11日、読売機から)

 発表によると、3等陸曹は2月7日深夜から8日未明までと同日午後に、西村山地方の病院や公園などの駐車場で缶酎ハイなどを計11缶飲み、私有車を運転した、とされる。

 3等陸曹は両日とも休みで、「家庭内にトラブルがあり、 鬱憤うっぷん を晴らすために酒を飲んでいた」と話しているという。同大隊長の中台守和2等陸佐は「深くおわび申し上げます」とコメントしている。

無断転載・複製を禁じます
2127359 0 社会 2021/06/16 08:45:00 2021/06/16 09:03:21 2021/06/16 09:03:21 「おらほの自衛隊」用・・・陸上自衛隊神町駐屯地。画面奥に山形空港(操縦士・中田浩司、大谷典正 整備士・森岡真吾)(11日午前10時32分、山形県東根市で、本社機から)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210616-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)