読売新聞オンライン

メニュー

国税調査官、映画館で「コナン」をスマホ盗撮…宣言後休館になっても「自宅で何回も見たかった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 映画館で上映中のアニメ「名探偵コナン」をスマートフォンで盗撮したとして、大阪府警吹田署は16日、芦屋税務署(兵庫県芦屋市)の統括国税調査官の男(50)を、著作権法違反などの容疑で大阪地検に書類送検した。

大阪府警察本部
大阪府警察本部

 発表によると、男は、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が発令される直前の4月24日夜、同府吹田市内の映画館で盗撮した疑い。コナンシリーズのファンで「映画館が休館になっても、自宅で何回も繰り返し見たかった」と容疑を認めているという。

 大阪国税局の雲田泰弘・国税広報広聴室長は「国民の信頼を損なう行為で誠に遺憾。厳正に対処する」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
2130120 0 社会 2021/06/17 06:43:00 2021/06/17 06:43:00 2021/06/17 06:43:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210617-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)