読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

虫を探す3歳児、そばに保護者おらず…中1女子が緊張しながら「家はどこ?」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 迷子の男児(3)を保護したとして、長野県警長野南署は16日、長野市立中学校1年の女子生徒2人に感謝状を贈った。

 2人は下校途中の5月14日午後6時半頃、同市の路上で、1人で虫を探していた男児を発見。近くに保護者もおらず、道路を横断しようとしていたため、2人は「何をしていたの」「家はどこ」などと声をかけた。その後、近くの女子生徒宅に一緒に行き、警察に通報した。男児は無事母親に引き渡された。

長野県警察本部
長野県警察本部

 同署の割田一志署長から感謝状を受け取った女子生徒は「話しかける時は緊張したけれど、男の子が無事に帰れて良かった」と笑顔を見せ、もう一人の女子生徒は「困っている人やひとりぼっちの人がいたら助けるという、当たり前のことをこれからも続けたい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2131887 0 社会 2021/06/17 14:06:00 2021/06/17 18:22:12 2021/06/17 18:22:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210617-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)