読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「就寝中に襲いかかり心臓狙って刺した」…妻子6人殺害で死刑求刑

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茨城県日立市の自宅で2017年10月、妻子6人を包丁で刺し、家に火をつけて殺害したとして、殺人罪などに問われた小松博文被告(36)の裁判員裁判は17日、水戸地裁(結城剛行裁判長)で結審した。検察側は「6人もの命が奪われた結果は重大」として死刑を求刑。弁護側は「心神喪失または心神耗弱だった」と主張し、無罪または刑の減軽を求めた。判決は30日。

 小松被告は事件直後、日立署に出頭し、殺人容疑で緊急逮捕された。公判では、小松被告の刑事責任能力が主な争点となった。

水戸地裁
水戸地裁

 検察側は論告で、小松被告が出頭後の調べに対し、殺害を迷っていたと供述した上で、殺害行為の一部や放火の経緯を具体的に説明したと主張。「完全な責任能力があった」と述べた。

 また、妻の恵さん(当時33歳)と子供5人(同3~11歳)の就寝中に襲いかかり、心臓などを狙って刺していたと説明。「危険性を認識しながら殺害したことは明白」とした。

 弁護側は最終弁論で、小松被告は離婚を切り出されてほとんど眠れず、うつ病や抑うつ状態だったと主張。「善悪の判断能力や行動を制御する能力が失われていたか、著しく低下した状態だった」と反論した。

 このほか、勾留中の18年11月に病気で心肺停止となり、「後遺症で事件の記憶を失った」と改めて訴えた。法廷で認否すらできず、訴訟能力がないとして、公訴棄却も求めた。

 小松被告は最終意見陳述で、結城裁判長から「言っておきたいことはあるか」と問われ、「特にないです」と答えた。

 起訴状では、小松被告は17年10月6日午前4時40分頃、自宅アパートで恵さん、子供5人を包丁でそれぞれ複数回刺し、玄関付近にガソリンをまいて火を放ち、6人を失血や一酸化炭素中毒などで殺害したとされる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2133629 0 社会 2021/06/17 19:58:00 2021/06/18 22:46:52 2021/06/18 22:46:52 水戸地方裁判所。茨城県水戸市で。2020年11月9日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210617-OYT1I50116-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)