「ミャンマーのこと知ってもらいたかった」…サッカー代表選手が会見、難民申請へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカーワールドカップ(W杯)予選のため来日したミャンマー代表ピエ・リヤン・アウン選手(27)が17日、大阪市内で記者会見を開き、国軍のクーデターで情勢不安となった母国への帰国を拒否する意向を示した。「命の危険がある」と述べ、近く日本政府に難民認定を申請することを明らかにした。

記者会見するピエ・リヤン・アウン選手(17日、大阪市内で)
記者会見するピエ・リヤン・アウン選手(17日、大阪市内で)

 同選手は、5月28日に千葉市で行われた日本戦の国歌斉唱で、国軍への抗議の意思を示す「3本指」を掲げた行為について、「多くの人にミャンマーのことを知ってもらいたかった」と説明した。

 出国当日の今月16日夜まで迷っていたが、関西空港に到着し、出国審査場に入った後、帰国しない意思を入管職員に伝えた。同選手は「家族は心配だが、亡命したことに後悔はない」と語った。

 政府は5月下旬から、情勢不安を理由に在留を希望するミャンマー人に、6か月間の在留と就労を認める緊急避難措置を講じている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2133654 0 社会 2021/06/17 20:37:00 2021/06/17 22:03:52 2021/06/17 22:03:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210617-OYT1I50124-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)