読売新聞オンライン

メニュー

SNSで知り合った女子高生にみだらな行為、59歳の小学校教諭「18歳だと思った」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新潟県警は17日、新潟市立小学校教諭の男(59)(同市中央区)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。

新潟県警本部
新潟県警本部

 発表によると、男は昨年8月頃、SNSで知り合った中越地方の女子高校生(当時17歳)が18歳未満と知りながら、現金を渡す約束をしてみだらな行為をした疑い。調べに対し「18歳だと思っていた」と容疑を否認している。

 別の事件の捜査で容疑が浮上。同署は余罪を含めて捜査を進めている。

 同市教育委員会によると、男は2019年度から同小に勤務。勤務態度などに問題はなかったが、4月から病気を理由に休養を取っていたという。

 市教委の井崎規之教育長は「重く受け止め、非違行為についての指導を徹底し、市民の信頼回復に努めてまいります」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
2136749 0 社会 2021/06/18 18:58:00 2021/06/18 18:58:00 2021/06/18 18:58:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210617-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)