読売新聞オンライン

メニュー

大阪北部地震から3年…ブロック塀倒壊で女児死亡、小学校に献花台

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府で震度6弱を記録し、災害関連死を含め6人が死亡、住宅6万棟以上が損壊した大阪北部地震の発生から、18日で3年となった。登校中の小学4年女児(当時9歳)が倒壊したブロック塀の下敷きになり、亡くなった高槻市立 寿栄じゅえい 小では、関係者が女児の 冥福めいふく を祈った。

事故後に設置されたフェンス(右)の前で黙とうする高槻市立寿栄小の佐藤校長(左端)ら(18日午前7時58分、大阪府高槻市で)=宇那木健一撮影
事故後に設置されたフェンス(右)の前で黙とうする高槻市立寿栄小の佐藤校長(左端)ら(18日午前7時58分、大阪府高槻市で)=宇那木健一撮影

 正門前に設けられた献花台には、早朝から花が手向けられ、登校する児童や地域の人が手を合わせた。発生時刻の午前7時58分には、浜田剛史市長ら関係者が黙とう。佐藤美恵校長は「事故を決して忘れず、安全安心な学校づくりに全力で取り組む」と誓った。

無断転載・複製を禁じます
2135125 0 社会 2021/06/18 12:00:00 2021/06/18 12:00:00 2021/06/18 12:00:00 事故後に設置されたフェンス(右)の前で黙とうする高槻市立寿栄小の佐藤美恵校長(左端)ら(18日午前7時58分、大阪府高槻市で)=宇那木健一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)