読売新聞オンライン

メニュー

ネットカフェ人質立てこもり、男の説得続く…女性従業員の無事は確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 17日午後4時10分頃、さいたま市大宮区桜木町のインターネットカフェの関係者から、「女性従業員が客に呼ばれ、個室に入ったまま出てこない」と110番があった。警察官が駆けつけたところ、男が20歳代の女性従業員を人質にとり、個室に立てこもっていた。埼玉県警が男の説得を続けているが、18日午前11時現在、応じていない。

男が立てこもるネットカフェが入ったビル(18日午前、さいたま市大宮区で)
男が立てこもるネットカフェが入ったビル(18日午前、さいたま市大宮区で)

 捜査関係者によると、男は40歳代とみられ、鍵つきの個室に立てこもった。個室とフロントをつなぐインターホンで捜査員がやり取りしている。男から明確な要求はないが、「刃物を持っている」と話している。女性の無事は確認できているという。

 ネットカフェは雑居ビルの6、7階に入居する。男は17日午前10時頃に来店し、7階の個室に入った。男に対応していた女性が戻らないことを不審に思った店が通報した。同じネットカフェグループの関係者によると、個室は窓やトイレがないタイプとみられ、室内の様子を確認するカメラもないという。

 現場はJR大宮駅西口から西に約200メートルで、百貨店や雑居ビルが立ち並ぶエリア。18日朝も現場の雑居ビルを撮影する人の姿があった。通行人の40歳代の男性は「まさかこんな場所で事件が起こるなんて」と不安げな様子で話した。

無断転載・複製を禁じます
2135256 0 社会 2021/06/18 12:18:00 2021/06/18 12:18:00 2021/06/18 12:18:00 男が立てこもるネットカフェが入ったビル(18日午前8時42分、さいたま市大宮区で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)