読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

常連客の56歳男、殺人容疑で取り調べ…カラオケパブのオーナー女性死亡

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市北区天神橋のカラオケパブで、オーナーの稲田 真優子まゆこ さん(25)が殺害された事件で、大阪府警は18日午前、店の常連客だった兵庫県西宮市の会社員の男(56)が事件に関与した疑いが強まったとして、殺人容疑で取り調べを始めた。すでに逮捕状を取っており、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

事件が起きた雑居ビル(左)
事件が起きた雑居ビル(左)

 捜査関係者によると、男は11日夜、JR大阪環状線天満駅近くにある雑居ビル5階の「カラオケパブ ごまちゃん」の店内で、稲田さんの首や胸を刃物で刺して、殺害した疑いが持たれている。防犯カメラ映像などから男の関与が浮上したという。

 男は、今年1月にオープンした稲田さんの店の常連客。稲田さんが昨年7月まで従業員として働いていた別の飲食店にも客として通っていたという。男が稲田さんに一方的に好意を寄せていたとの情報もある。

 稲田さんは14日午前、店内で遺体で見つかった。司法解剖の結果、死因は失血死で、上半身に刺し傷や切り傷が十数か所あった。首は複数箇所刺され、胸の傷は肺を貫通していた。

 稲田さんは11日午後5時前、ビルの防犯カメラに出勤する様子が映っていたが、その後は外に出る姿が記録されていなかった。店の客だった男性が11日夕方以降に送った LINEライン のメッセージは「既読」にならず、翌日以降も店は閉まったままで、連絡が途絶えていた。

 府警は、稲田さんは11日夕方以降に店内で殺害されたとみて捜査。防犯カメラ映像を分析したところ、男が11日にビルを訪れていたことが判明したという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2135465 0 社会 2021/06/18 13:20:00 2021/06/18 14:11:12 2021/06/18 14:11:12 事件があった雑居ビル(左の黒いガラス張りの建物です)(14日午後0時10分、大阪市北区で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)