読売新聞オンライン

メニュー

25歳パブ女性オーナー殺害「しつこくて困っている」…常連客逮捕「店に行ったがやってない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市北区のカラオケパブでオーナーの稲田 真優子まゆこ さん(25)が殺害された事件で、大阪府警は18日、常連客だった兵庫県西宮市高須町、会社員宮本浩志容疑者(56)を殺人容疑で逮捕した。

事件があった雑居ビル(左の黒いガラス張りの建物)
事件があった雑居ビル(左の黒いガラス張りの建物)

 発表では、宮本容疑者は11日夜、雑居ビル5階のカラオケパブ店内で、稲田さんの首や胸などを刃物で刺して失血死させた疑い。「店には行ったが、やっていない」と否認している。

 稲田さんは宮本容疑者について、周囲に「しつこくて困っている」と悩みを漏らしていたという。

無断転載・複製を禁じます
2136714 0 社会 2021/06/18 18:31:00 2021/06/18 23:33:22 2021/06/18 23:33:22 事件があった雑居ビル(左の黒いガラス張りの建物です)(14日午後0時10分、大阪市北区で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)