読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

配達員とITエンジニア、労災保険「特別加入」対象に追加

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国の労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)の部会は18日、自転車を利用した宅配代行サービスの配達員とITエンジニアの2業種を、新たに労災保険の「特別加入制度」の対象とすることを了承した。企業などに属さない「フリーランス」として働く人の保護策の一環で、厚労省は9月に制度を改正する。

 労災保険は本来、企業に雇われた労働者が対象だが、個人で仕事を請け負う働き手らには、自身で保険料を支払うことでケガの際に治療費などの給付が受けられる特別加入制度がある。

厚生労働省
厚生労働省

 配達員は交通事故の恐れがあり、ITエンジニアは長時間労働で精神障害などを発症するケースがあり、業界団体が制度の適用を求めていた。業界団体によると、自転車配達員は約9万人、ITエンジニアは17万~25万人と推定される。

 フリーランスが増える中、4月には、俳優など芸能従事者とアニメーター、柔道整復師の3業種が特別加入制度の対象に追加されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2137264 0 社会 2021/06/18 22:06:00 2021/06/18 22:57:52 2021/06/18 22:57:52 厚生労働省、環境省。中央合同庁舎第5号館。東京・千代田区霞が関で。2021年5月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)