読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ネットカフェ30時間立てこもり、鍵壊して突入し男逮捕…人質の女性従業員保護

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 さいたま市大宮区桜木町のインターネットカフェで、男が20歳代の女性従業員を人質に取り、店内の個室に立てこもった事件で、埼玉県警は18日夜、個室の鍵を壊して突入し、男(40)を監禁容疑で現行犯逮捕した。女性は保護され、病院に搬送された。命に別条はないという。

インターネットカフェに立てこもった男をブルーシートで覆いながら連行する捜査員ら(18日午後10時46分、さいたま市大宮区で)=小林武仁撮影
インターネットカフェに立てこもった男をブルーシートで覆いながら連行する捜査員ら(18日午後10時46分、さいたま市大宮区で)=小林武仁撮影

 事件は17日午後に発生したが、県警の説得に長く応じなかったことから、 膠着こうちゃく 状態が30時間以上続いていた。

 男は18日午後10時40分頃に逮捕された。ネットカフェが入るビルの前はブルーシートで囲われ、容疑者とみられる男が連行された。男は捜査車両で大宮署に入ったが、後部座席でかがみ込むようにして顔を隠していた。その後、被害者の女性が救急車で搬送された。

 ネットカフェは、JR大宮駅西口から約200メートル西にある雑居ビルの6、7階。立てこもっていた個室は7階にあり、鍵付きで2畳ほど(約3平方メートル)の広さ。窓はなく、防音になっているうえ、中の様子を確認するカメラはなかった。

 捜査関係者によると、男は17日午前10時頃に来店。午後2時頃には対応した女性従業員を個室に入れたが、女性が戻らないことを不審に思った同僚が午後4時過ぎに110番した。男は、駆けつけた捜査員に対し、フロントとつながるインターホンで「刃物を持っている」と話す一方、明確な要求はしていなかったという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2137365 0 社会 2021/06/18 23:06:00 2021/06/19 00:55:16 2021/06/19 00:55:16 ブルーシートで覆われた、立てこもりの犯人(18日午後10時46分、さいたま市で)=小林武仁撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)