読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

発生から32時間、「寝入った」と判断して突入…容疑者「寝る」と言って2時間応答なし

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 さいたま市大宮区のインターネットカフェで、男が女性従業員を人質にして個室に立てこもった事件で、埼玉県警は18日夜、住居不定、無職林 一貴かずたか 容疑者(40)を監禁容疑で現行犯逮捕した。内部の状況が把握しにくい密室だったため県警は慎重に説得を続け、事件発生から約32時間後、林容疑者が寝入ったと判断して突入、身柄を確保した。女性は保護され、目立ったけがはないという。

ブルーシートで覆いながら林一貴容疑者を連行する捜査員ら(18日午後10時46分、さいたま市で)=小林武仁撮影
ブルーシートで覆いながら林一貴容疑者を連行する捜査員ら(18日午後10時46分、さいたま市で)=小林武仁撮影

 発表によると、林容疑者は17日午後2時25分頃~18日午後10時40分頃、同市大宮区桜木町のネットカフェの個室に20歳代の女性従業員を監禁した疑い。容疑を認めているという。女性従業員との関係は不明で、刃物の所持をほのめかしていた。県警は動機や目的を調べている。

 林容疑者は17日午前10時頃来店し、個室に入った。午後2時過ぎに女性従業員を個室に入れたが、女性が戻らなかったため、午後4時過ぎに別の従業員が110番した。

 個室は広さ約3平方メートルで出入り口のドアに鍵がついていた。窓はなく、中の様子を確認するカメラはなかった。捜査員が来る前に従業員がマスターキーでドアを開けようとしたが鍵が途中までしか入らず、県警は林容疑者が内側から鍵を細工したとみている。防音構造の密室なため中の状況がよく分からず、説得交渉は難航した。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2138172 0 社会 2021/06/19 12:40:00 2021/06/19 13:48:52 2021/06/19 13:48:52 ブルーシートで覆われた、立てこもりの犯人(18日午後10時46分、さいたま市で)=小林武仁撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210619-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)