読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】エレベーターやホームドア、駅バリアフリー化へ料金新設を検討…国交省

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鉄道駅のバリアフリー化を促進するため、国土交通省は、鉄道利用者に整備費用の負担を求める方向で検討に入った。バリアフリー化に使い道を限定した鉄道料金を新設し、運賃に上乗せする。東京、大阪、名古屋の3大都市圏のJRと大手私鉄を対象に1乗車当たり10円以下を想定している。2年後の導入を視野に、鉄道事業者への意向確認を進める。

JR上中里駅に2月に設置された最新式のホームドア(5月20日、東京都北区で)=須藤菜々子撮影
JR上中里駅に2月に設置された最新式のホームドア(5月20日、東京都北区で)=須藤菜々子撮影

 鉄道では「運賃」と特急券などの「料金」が区別されており、検討案では、バリアフリー化の費用を確保するために料金を新設する。上乗せされる新料金は、鉄道事業者の収入となり、自社の駅でエレベーターやスロープ、ホームドアなどのバリアフリー施設の整備や維持に限って使う。事業者には収入額や整備の 進捗しんちょく 状況の公表を義務付け、透明性を確保する。

 運賃の大幅変更や料金新設などの際は、事業者が国交省に申請し、認可を受ける必要がある。国交省は今後、事業者に今回の新料金の詳細を提示する予定で、3大都市圏での導入を見込む。事業者が導入する場合、適用路線などを決めたうえで個別に申請する。

 バリアフリー施設の整備は、事業者と国、自治体の3者が費用を負担しており、昨年度の国の支出額は約130億円にのぼった。

 国交省は、利用者全体の安全と利便性向上に必要だとして拡充を図っているが、地方を中心に事業者の負担が重くなっている。人口減で利用者の増加が見込めない中、さらに整備を進めるには、利用者の負担が不可欠だと判断。鉄道収入が見込める都市部を利用者負担に切り替え、国の予算を地方に配分したい考えだ。

残り:231文字/全文:1034文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2139442 0 社会 2021/06/20 05:00:00 2021/06/20 09:21:34 2021/06/20 09:21:34 JR上中里駅に導入されているホームドア(20日午後2時5分、東京都北区で)=須藤菜々子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210620-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)