読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】軽食渡す穴開けて室内確認、男と人質女性の位置把握…大宮立てこもり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 さいたま市大宮区のインターネットカフェで起きた人質立てこもり事件で、無職林 一貴かずたか 容疑者(40)(監禁容疑で現行犯逮捕)に捜査員が軽食などを差し入れるため、個室のドアに穴を開けた際、室内の様子を確認していたことが、捜査関係者への取材でわかった。捜査員は林容疑者と、人質となった20歳代の女性従業員の位置などを把握し、発生から32時間後の解決につなげた。

 林容疑者は17日午後2時25分頃から女性従業員を個室に入れ、立てこもった。個室は広さ約3平方メートルで、ドアに鍵がついていた。窓はなく、防音構造になっており、室内の様子を確認できるカメラもなかった。

 110番する前に別の従業員がマスターキーでドアを開けようとしたが、途中までしか入らなかった。埼玉県警は、林容疑者が鍵穴に細工をしたとみている。

 捜査員は個室内のインターホンやドア越しに女性従業員を解放するよう説得。林容疑者は「近づくとやるぞ」「自分も一緒に死ぬ」などと、女性への危害をほのめかし、突入をけん制した。やり取りに応じない時間帯も何度かあった。

 捜査関係者によると、林容疑者の求めに応じて18日昼前、捜査員が軽食や飲料水を提供した際、ドアに小さな穴を開けた。渡した後、すぐに穴はふさがれた。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2139448 0 社会 2021/06/20 05:00:00 2021/06/20 09:11:44 2021/06/20 09:11:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210620-OYT1I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)