読売新聞オンライン

メニュー

7月に「第5波」の恐れ、インド型を懸念「水面下で拡大中と考えた方がいい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言は20日を期限に、沖縄県を除く9都道府県で解除される。しかし、「第4波」を招いた前回の宣言解除時と状況がよく似ており、感染の再拡大が不安視される。英国型(アルファ型)の変異ウイルスより感染力が強いとされるインド型(デルタ型など)の拡大などが懸念されるためだ。専門家には「7月下旬から8月にかけて『第5波』が来る恐れがある」との見方が多く、最大限の警戒を呼びかけている。(佐々木栄、東礼奈)

変異型増加

 大阪府などでは2月末で前回の宣言が解除された当時、感染力が強い英国型の拡大が懸念されていた。その後、急速に従来型と置き換わり、大阪府では1日の新規感染者が一時1260人に達し、深刻な病床 逼迫ひっぱく で「医療崩壊」を招いた。

 インド型は、府などが実施する抽出検査で6月10~15日の陽性率が6・2%と増加傾向にある。東京慈恵会医科大の浦島 充佳みつよし 教授(予防医学)は「水面下で広がっていると考えた方がいい。多くの国民がワクチンを打った英国でもインド型の影響で再拡大に転じた。第4波の二の舞いになる恐れがある」と警鐘を鳴らす。

 第4波は、社会の活動が活発になる年度替わりに拡大したが、今回も7~8月は夏休みで人の動きが盛んになる時期にあたる。昨年の第2波で感染が拡大したのもこの時期だ。

 府の専門家会議座長の 朝野ともの 和典・大阪健康安全基盤研究所理事長は「人々は同じような行動パターンを繰り返す。第5波が来るなら昨年と同じ時期ではないか」との見方を示す。

1

2

無断転載・複製を禁じます
2139930 0 社会 2021/06/20 13:36:00 2021/06/20 21:33:52 2021/06/20 21:33:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210620-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)