読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン保管の冷蔵庫、職員が確かめたら「温度12度」…計1002回分を廃棄

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道釧路市は20日、冷蔵庫に入れた新型コロナウイルスワクチン計1002回分を、品質管理できない温度で保管していたとして、廃棄処分にすると発表した。

釧路市役所
釧路市役所

 市によると、廃棄するのは米ファイザー製ワクチン。20日から始まる集団接種に使うため、19日から会場に用意した冷蔵庫について、庫内の温度が3度になっていることを確認し、ワクチンを収納した。しかし20日朝、職員が確かめたところ、ワクチンの品質を維持できる温度よりも高い12度になっていた。集団接種には別のワクチンを解凍して対応したという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2140740 0 社会 2021/06/20 23:34:00 2021/06/21 07:22:14 2021/06/21 07:22:14 釧路市役所。北海道釧路市で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210620-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)