読売新聞オンライン

メニュー

1歳男児の顔蹴り、翌週も同じ場所でベビーカー蹴る…男と内縁関係の母親を逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ベビーカーに乗せた男児(1)の顔を蹴るなどしたとして、福岡県警は20日、同県福智町の会社員の男(25)、男児の母親で自称介護士の女(21)の両容疑者を暴行容疑で逮捕した。2人は内縁関係にあり、県警は日常的に虐待があったとみて調べる。

福岡県警
福岡県警

 発表では、両容疑者は共謀し、昨年12月21日正午頃、同県飯塚市の病院駐車場のエレベーター内で、男がベビーカーに乗った男児の顔を蹴るなどの暴行を加え、1週間後の28日にも同じ場所で男児が乗ったベビーカーを蹴った疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 両容疑者は昨年11月から、男の実子の幼児2人を含めた5人で同居。昨年末に男児が別の事案で重傷を負った際、受診した病院側が虐待の疑いがあるとして警察に通報し、その後の調べで今回の暴行が発覚した。

 男児は現在は回復しており、男の実子2人からは虐待の痕跡は見つかっていないという。

無断転載・複製を禁じます
2141187 0 社会 2021/06/21 08:55:00 2021/06/21 10:12:31 2021/06/21 10:12:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210621-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)