読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】学校での集団接種「推奨せず」…政府近く通知、同調圧力の恐れから

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスワクチンの12~15歳の子どもを対象にした学校での集団接種に関し、政府がまとめた指針が21日明らかになった。接種への同調圧力を生む恐れがあり、副反応に対応する医療従事者の確保が困難なことなどを理由に「現時点で推奨するものではない」とした。実施する場合でも、接種に伴う差別やいじめを避けるため、接種が強制とならないよう配慮を求めた。

文部科学省
文部科学省

 文部科学省と厚生労働省が連名で、近く都道府県などに通知する。

 指針は、学校での集団接種に慎重な見解を示したものの、医療機関での個別接種の体制確保が難しいなど、地域の事情によっては、市町村の判断で行うことはあり得るとした。

 実施する場合、丁寧な情報提供の上で保護者の同意を得ることを求めた。放課後や休日、長期休暇などの授業時間以外に行うことや、接種を生徒の学校行事への参加条件にしない配慮も求めた。いずれも、接種が事実上の強制にならないようにするための措置だ。

 指針は、思春期の子どもは接種への不安などで、息切れなどストレス反応が生じることがあると指摘。学校集団接種で他の人が具合を悪くする様子を見て、連鎖的に体調を崩すリスクも指摘し、慎重な対応を求めた。

 厚労省は5月末、米ファイザー製ワクチンについて、接種対象年齢を「16歳以上」から「12歳以上」に引き下げることを決めた。日本小児科学会は12~15歳の子どもについて、感染でまれに重症化する可能性があるとして「接種する意義がある」との見解を発表している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2142569 0 社会 2021/06/21 15:00:00 2021/06/21 16:20:02 2021/06/21 16:20:02 文部科学省、文化庁、スポーツ庁。東京都千代田区霞が関で。2020年11月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210621-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)