読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「リコさんは難しい字で書けない」「心苦しいが、私に過失ない」…被告の回答に「むなしい気持ち」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し2人が死亡、9人が負傷した事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)の公判が21日、東京地裁であった。妻子を亡くした松永拓也さん(34)が被害者参加制度を使って被告人質問を行い、「2人はまだ長く生きられるはずだった」と訴えた一方、被告は「心苦しいが、私に過失はない」と述べた。

東京地裁に入る飯塚被告(21日午後)=橘薫撮影
東京地裁に入る飯塚被告(21日午後)=橘薫撮影

 飯塚被告は19年4月19日昼、ブレーキとアクセルを踏み間違えて豊島区東池袋の都道を時速約96キロで暴走し、松永さんの妻で主婦の真菜さん(当時31歳)と長女 莉子りこ ちゃん(同3歳)をはねて死亡させるなどしたとして起訴されている。

事故で妻子を亡くした松永拓也さん(右)の質問に答える飯塚幸三被告(左)。被告は車いすで出廷した(イラスト・構成 秋山史朗)
事故で妻子を亡くした松永拓也さん(右)の質問に答える飯塚幸三被告(左)。被告は車いすで出廷した(イラスト・構成 秋山史朗)

 飯塚被告はこれまでの公判と同様、車いすで出廷。下津健司裁判長に促されると、弁護人に車いすを押されて証言台に移った。

記者会見で、涙をぬぐいながら思いを語る松永拓也さん(21日午後、東京・霞が関で)=沼田光太郎撮影
記者会見で、涙をぬぐいながら思いを語る松永拓也さん(21日午後、東京・霞が関で)=沼田光太郎撮影

 松永さんから2人の名前の読みと漢字の表記を問われると、「マナさんとリコさん。リコさんは難しい字で書けない」と回答。莉子ちゃんについて「かわいい方を亡くしてしまい、本当に申し訳ない」と謝罪した。

 被告側は公判で「車に何らかの異常が起きた」とし、過失を否定している。

 松永さんは、被告が捜査段階で「アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性がある」と供述したことに触れ、無罪主張に転じた理由をただした。被告は「警察の取り調べで、過失を認めた方が刑が軽くなるという趣旨のことを言われ、違うことを言った」と述べた。

 松永さんは首に下げた真菜さんの結婚指輪に手をあてながら、終始冷静に質問を重ねたが、被告が「私としては心を痛め、重く受け止めているつもりだ」と言うと、天を仰いだ。松永さんとともに同制度を使って出廷した真菜さんの父親の上原 義教よしのり さん(63)も、「私や真菜、莉子には夢があった。それが全て奪われた」と涙ながらに話した。

 閉廷後、東京・霞が関で記者会見した松永さんは、被告と言葉を交わした感想を「正直、むなしい気持ちになった」と語り、「過失を認めてくれていたら、私たちの心情はもっと違ったものになったと思う」と被告を批判。一方、被告が乗っていた乗用車を製造したトヨタ自動車は「被告は車両に技術的な欠陥があると主張しているが、調査の結果、車両に異常や技術的な問題は認められなかった」とするコメントを発表した。

 公判は、次回期日の7月15日に松永さんの意見陳述が行われ、論告求刑、最終弁論を経て結審する見通し。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2143700 0 社会 2021/06/21 21:49:00 2021/06/22 09:12:05 2021/06/22 09:12:05 東京地裁に入る飯塚幸三被告(21日午後0時33分、東京都千代田区で)=橘薫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210621-OYT1I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)