読売新聞オンライン

メニュー

400キロの金属ダクト30m落下、地上で作業中の男性死亡…布製ベルトが緩んだか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 21日午後2時15分頃、横浜市青葉区鴨志田町のビルの建設現場で、クレーンでつり上げていた金属製ダクト5本(計約400キロ)が高さ約30メートルの屋上付近から落下、地上で作業していた東京都葛飾区奥戸、会社員吉野稔基さん(53)にぶつかり、吉野さんは搬送先の病院で死亡した。青葉署が詳しい状況を調べている。

神奈川県警
神奈川県警

 発表によると、資材運搬用のパレットを屋上のクレーンでつり上げていたところ、フックに掛けていた布製ベルトが緩み、ダクトがパレットごと落下したとみられる。

無断転載・複製を禁じます
2145102 0 社会 2021/06/22 11:37:00 2021/06/22 16:59:21 2021/06/22 16:59:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210622-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)