読売新聞オンライン

メニュー

走行中の車から男性が転落…発見したドライバーが通報中、同乗者ら駆けつける

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20日午前7時50分頃、鳥取県大山町赤松の県道で、鳥取市富安の会社員男性(20)が倒れているのを通りかかったドライバーが見つけ、119番した。男性は米子市内の病院に運ばれたが、頭などを強く打っており、意識不明の重体。

鳥取県警察本部
鳥取県警察本部

 琴浦大山署の発表によると、男性は、岡山市北区の会社員男性(22)が運転する軽乗用車から走行中に転落。ドライバーが通報している時に、運転していた男性と同乗の2人が、転落した男性のもとに駆けつけてきたという。

 車に乗っていた4人は知人同士で、転落した男性は後部座席にいたといい、同署は運転していた男性らから事情を聞くなどして、車外に転落した原因を調べている。

 現場は片側1車線で、見通しの良い直線。

無断転載・複製を禁じます
2145661 0 社会 2021/06/22 13:14:00 2021/06/23 17:43:11 2021/06/23 17:43:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210622-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)