読売新聞オンライン

メニュー

視覚支援学校の講師、少女2人にみだらな行為…携帯電話で撮影させた疑いも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 未成年の女性2人にみだらな行為をしたなどとして愛知県警豊川署は22日、神奈川県藤沢市湘南台、筑波大学付属視覚特別支援学校(東京)の非常勤講師の男(29)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)と愛知県青少年保護育成条例(淫行、わいせつ行為の禁止)の疑いで逮捕した。

愛知県警察本部
愛知県警察本部

 発表では、男は2019年2月23日、愛知県刈谷市のホテルで、当時17歳の女性にみだらな行為をし、携帯電話で撮影した疑い。また、今年2月21日、16歳の女性にみだらな姿を携帯電話で撮影させ、画像を自分の携帯電話に送信させた疑い。

 同署によると、2人とはSNSを通じて知り合い、同支援学校の生徒ではないという。男は調べに対し「行為は間違いないが、性的欲求を満たすためだけではない。画像を撮影、送信させたのは全く記憶にない」と話しているという。

 同支援学校によると、男は、産休中の教諭の代理で昨年10月から勤務しており、特に問題行動はなかったという。同支援学校は「逮捕を重く受け止めている。事実関係を確認して厳正に対応する」としている。

無断転載・複製を禁じます
2146503 0 社会 2021/06/22 18:37:00 2021/06/23 02:47:14 2021/06/23 02:47:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210622-OYT1I50119-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)