読売新聞オンライン

メニュー

独居女性に宅配装い「車入れない、外で受け取りを」…外出したスキに貴金属・現金奪う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 独り暮らしの高齢女性宅から現金や貴金属を盗んだとして、警視庁が横浜市に住む無職少年(19)ら少年3人と無職の男(36)の計4人を窃盗と住居侵入容疑で逮捕していたことがわかった。

警視庁
警視庁

 捜査関係者によると、4人は仲間と共謀して3月19日午前、東京都調布市の80歳代の無職女性宅に宅配業者を装って「道が狭くて車が入れない。荷物を外に受け取りに来て」と電話し、女性が外出した隙に1階和室から現金約11万円と貴金属19点を盗んだ疑い。4人は実行役で、警視庁は指示役がいたとみて調べている。

 女性は指定された自宅近くのスーパーに向かったが、宅配業者が来ないことから帰宅したところ、1階の窓ガラスが割られていることに気づいたという。

 被害品の中には、2年前に病死した長男から贈られたネックレスや、他界した夫との婚約指輪なども含まれていたといい、女性は読売新聞の取材に、「家族との思い出まで盗まれたようで悔しい。一人で家にいるのが怖くなった」と声を震わせた。

無断転載・複製を禁じます
2148131 0 社会 2021/06/23 10:04:00 2021/06/23 10:04:00 2021/06/23 10:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210622-OYT1I50176-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)