読売新聞オンライン

メニュー

迷子の女性を近くまで送ったが…不安に感じて引き返すと別方向に歩く姿、今度は交番へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 迷子になった高齢女性を保護したとして、茨城県警水戸署は8日、水戸市の機械工、松永豊さん(59)に感謝状を贈った。

谷津署長(左)から感謝状を受け取った松永さん(8日、水戸署で)
谷津署長(左)から感謝状を受け取った松永さん(8日、水戸署で)

 松永さんは、5月16日午後0時半頃、同市大塚町の自宅近くを散歩中、高齢女性から「南町3丁目はどこか」と尋ねられた。南町は約6キロほど東で、女性が所持品を持たずに歩いていたことから、車で近くまで送り届けた。

 しかし、女性が自宅に向かったか不安に感じて引き返すと、女性は西に向かって歩いていた。「事故になっては大変」と考えて近くの交番に連れて行き、女性は無事に家族のもとへ戻った。

 谷津成久署長は「女性から最後まで目を離さず保護してくれた」と感謝。松永さんは「母と近い年齢の女性で、放っておけなかった。無事でなによりだ」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2148786 0 社会 2021/06/23 13:05:00 2021/06/29 18:53:02 2021/06/29 18:53:02 谷津署長から感謝状を受け取る松永さん(右)(水戸市で)=寺倉岳撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)